Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

国際バラとガーデニングショウ2016に行ってきました!

毎年西武ドームで開催されている「国際バラとガーデニングショウ2016」に行ってきました。

今年のコンセプトはパリ。

ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌが愛したバラや宮廷画家ルドゥーテが描いた『バラ図譜』、クリスチャン・ディオールの香りの庭、その他色々見てきました♪

第18回 国際バラとガーデニングショウ
期間:2016年5月13日(金)~18日(水)

前売券:大人(中学生以上)1,900円
当日券:大人(中学生以上)2,200円
団体券:大人(中学生以上)1,600円

今年もローズ・フォト・モーニングで写真を撮ってきました

 

朝7時50分頃に西武球場前に到着したので、駅前は閑散としています。
いつもお弁当やスイーツなどが出店しているのに、さすがにもありません(笑)。

外にあるバラショウ開催中にあるスタバもさすがに設営中でした。
この手描きのメニューのクオリティが高すぎて思わず写真を撮っちゃいました。

前売券に+500円でローズ・フォト・モーニングという開催の1時間前に入場してきました。
ローズ・フォト・モーニングは、入場時に500円支払うと先着500名が入場できます。

ここ何年かは人が少ない時間帯を狙うことにしました。

今年のメインの展示紹介

国際バラとガーデニングショウ2016 会場全体

どこをどう回ったのかわからなくなってしまったものもありますが、ざっくりと今年のバラショウの見どころを紹介します。

エントランスガーデン

国際バラとガーデニングショウ2016 エントランスガーデン

入場するとすぐにバラの道を通り抜けできるエントランスガーデンがあります。

国際バラとガーデニングショウ2016 台湾の「芳香ばら園」の黛玉(たいぎょく)

こちらでは、色々な種類のバラがみられますが、たくさんある品種の中でも注目なのが、台湾唯一の育種会社「芳香ばら園」の黛玉(たいぎょく)という品種。

2016年春にこの「黛玉(たいぎょく)と「奇蹟(きせき)」という品種が日本本格デビューなのでまだまだ珍しいと思います。

Laurent.B Bouquetier~パリ街角のお花屋さん~

国際バラとガーデニングショウ2016 Laurent.B Bouquetier(ローラン ベー ブーケティエ)~パリ街角のお花屋さん~ その1

バラショウで毎回楽しみの一つなのがローラン・ボーニッシュさんのガーデン。
作られる雰囲気がオシャレで好きです。

早期入場すると、だいたいご本人がいらっしゃるので「イケメンだわ~」とお顏を拝見しています。
チキンなのでなかなかお声がかけられませんが、おばさま方はよく一緒にお写真をお願いしたりしているのを見かけます。いーなー!

国際バラとガーデニングショウ2016 Laurent.B Bouquetier(ローラン ベー ブーケティエ)~パリ街角のお花屋さん~ その2椅子に引きつめられたアジサイがすごく味を出してて素敵!

ナポレオン皇紀ジョゼフィーヌが愛したマルメゾン城 バラの館

国際バラとガーデニングショウ2016 ナポレオン皇紀ジョゼフィーヌが愛したマルメゾン城 バラの館

「ナポレオン皇紀ジョゼフィーヌが愛したマルメゾン城 バラの館」です。
今回の見どころとあって、かなり広い展示です。

複製ですが、ナポレオンのラブレターも展示されていました。

クリスチャン・ディオール 香りの庭

国際バラとガーデニングショウ2016 クリスチャン・ディオール香りの庭

今回注目のガーデンの一つの「クリスチャン・ディオール香りの庭」です。

何種類かのディオールの香水も置かれていて、自由に香りが楽しめるようになっています。

ガーデンは、バラの香りがむせ返るほど・・・というものではなかったのですが、これはこれで綺麗でした。

インスタレーション特別展示「日仏の『階─きざはし─』」

国際バラとガーデニングショウ2016 インスタレーション特別展示「日仏の『階─きざはし─』」

インスタレーション特別展示「日仏の『階─きざはし─』」は、白いソファに座って写真が撮れるようになっていて、かなり列ができていました。
ガーデンデザインは、女優・志穂美悦子さん。

わたしは早期入場していますのでそれほど並ばずに写真をiPhoneで撮っていただきました。
・・・が!照明なのか顏周辺に赤い光が・・・。
ミラーレスを渡したほうがよかったのでしょうか?(^^;)

この写真だけ見ているとフランスっぽさしか感じないと思いますが、周囲には和の雰囲気もよく出ていました。

その他見どころ紹介

いくつか名前を控え忘れてしまい、どの展示なのかわからなくなったものも紹介します。

これも今回の注目展示だとは思うのですが・・・

国際バラとガーデニングショウ2016 額縁の中のガーデンその1

大きな額縁のガーデンです。
多分、エントランスガーデンを抜けたところにある「パリの小路」だと思いますが、違う気もしてます(^^;)

これの反対側にも同じように額縁のガーデンがありますが、前後で庭が違います。

写真の奥は向こう側が透けてみえるようにみえていますけど、実は鏡。
わたしが撮影しているところが写っています(笑)。

国際バラとガーデニングショウ2016 額縁の中のガーデンその2

反対側に回ってみると、また少し違う趣のガーデンが。
人気の展示なので、こちらも人がすごかったです。

コンテストガーデンも色々撮りましたが、写真の整理が終わっていないのでまずはここまで。

バラショウ2016初日に行ってきたさくらの感想まとめ

今年もバラショウに行ってきました。

毎年行っていますが、今年は初日のわりに人の入りが少なかったように思います。
平日に行ったからそう感じただけかもしれません。

ちょっと不満だったところ

※もちろん、楽しかった前提で書いてますよ!!

何年か前のバラショウは本当にバラ盛りだくさん!な展示が多かったんだけど、最近全体的にバラの使用が少ない気がして、ちょっとバラ好きとしては寂しいわーと思うのが正直なところです。

どれも素敵なガーデンなんだけど、やっぱり以前のバラがふんだんに使われた展示も見たいです。

また、毎年楽しみにしていたユメミファクトリーさんがいなくなっていたのも残念な要素の一つ。

出展ブースも以前はバラ関係の園芸やバラグッズ、ガーデニング用品関係が多かったけれど、今年は化粧品メーカーさんやサプリメントなどの出展が増えているのも個人的にはちょっと残念だったり・・・。
わたしはバラが見たいんじゃー!ってかんじです(^^;)

いくつかバラグッズ関係の企業も減っていたと思います。

変わってきたところ

今年はバラのスイーツの関係で初日には有名パティシエの鎧塚俊彦さん、辻口博啓さん、青木定治さんのお店の出展があり、実際にブースで鎧塚さんがニコニコとスイーツにサインをしている姿を目撃しました。
(お客さんにおねだりされてた模様ですw)

ただ、以前と比べて体験できるブースはすごく増えたと思います。

ハンキングバスケットを作ったり、わたしも以前やりましたが調香したりなど。

昨年からフォトスペースが増えてきましたが、今年はとうとう写真をプロが撮ってくれるコーナーまで出来て、体験しちゃいました(笑)。

無料で名刺サイズの画像を印刷してくれて、有料で大きな写真をもらえるというもの。

わたしは早期入場で入っているのでほとんど並びませんでしたが、これも結構な列になっていました。

これ、せっかくなのでできればデータでくれればもっとよかったんですが(笑)。

買ったもの

昨年からミニチュアにはまっているんだけど、バラの苗木を買おうと思ってブースを歩いていたらミニチュアブースを発見して、その代金をミニチュア小物につぎ込んでしまい、結局切り花しか買えませんでした(笑)。

そんなかんじでガーデン自体はすごく素敵なんだけど、もうちょっと展示も物販もバラ率をアップしてほしいと思ってますが、綺麗なガーデンが見られてよかったです!

会場へのアクセス

埼玉県所沢市上山口2135

■電車
西武池袋線「西所沢」駅経由、西武狭山線「西武球場前」駅下車
西武新宿線「小平」駅・西武多摩湖線「萩山」駅経由、
「西武園遊園地」駅のりかえ山口線(レオライナー)「西武球場前」駅下車

■バス
多摩モノレール「上北台駅」から西武プリンスドームまで直通バス

※当日、駐車場もありますが、混雑が予想されます

[PR]

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

ブログランキングに参加しています。応援クリックが更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ファッションブログへ