Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

2回目の車検が来るから、車を買い換えました!

2012年にダイハツ・ミライースの発売一周年記念モデルとして発売された特別仕様車「ミライースXメモリアルエディション」のパールホワイト。

7月の大安に納車になりましたが、中古車です。

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」パールホワイト 納車

ダイハツが力を入れている第3のエコカー・ミライース。

維持費も安く、低燃費、小回りもきく、でも車内は以前乗っていたエッセより広くかんじて、かなりお得感満載でした。

ダイハツ


 

ミライースLを仮押さえしたんだけど、ミライースXに変更してもらった理由

最初にとりあえず市場調査と言って、中古車の値段を見てまわりました。

ダイハツのエッセからの乗り換えですし、乗るのは軽自動車ですし、やはりダイハツの車が気になるね!っていうことで、ダイハツのメーカー公認・中古車専門の『U-CATCH』にも行ってみました。

色々な車種を見てまわりました。

わたしの希望としては、愛犬と出かけることもあるので、乗り降りの面から考えてタントだったわけですが、中古でもちょっと高いんですね。

実際に運転する母が、「どうしてもサイドブレーキが運転席の座席左側にないとダメだ!」と激しく主張しまして・・・その希望を入れると軽自動車の選択肢がものすごい少なくなって、ミライースに狙いを定めました。

エッセの教訓を活かそう。サイドミラー&シートカバー事件・・・

検討するのが面倒だったのか、「オプションなんていらない!」と人の車だと思って当時断言した父。
それを信じてダイハツ・エッセLを中古で買ったら・・・使いにくかった・・・orz

車の購入時につけておかないと後付が出来ないものの一つにサイドミラーがあります。

新古車で買ったダイハツ「エッセ」シルバー フロント

オプションでこの部分を電動格納式に出来るんだとディーラーで言われたんですが、車に詳しくない母とわたしは、実はちゃんと理解していなかった。

「え?別に手でやるからいいよね」「うん」みたいなかんじで・・・。

実際にやってみると・・・結構硬いのね・・・。
我々はすぐにあきらめてサイドミラーは出しっぱなしになりました。

月極駐車場を利用しているんですが、当時借りていたところの隣を使っている人が「お宅のミラー、邪魔だからしまってください!」というんです。

そして勝手にうちのミラーを曲げ始めるじゃないですか!!!!!!
でもですね、硬くて結局格納できなくて・・・文句を言われつつもそのままってことになったんです。

だから、今回はドアミラーが電動のものを!!と思っていました。

最初はミライースLメモリアルエディションを仮押さえしたんですが、ミライースXにすると、この機能が標準装備になる。
(ミライースLメモリアルエディションも動くけど、人力です・・・)

シートの形が特殊だったエッセ・・・ちょっと不満だったんです(^^;)
新しく買うときは、絶対に普通のヘッドレストが分かれているタイプにしよう!と思ってました。

ダイハツ・エッセ詳細はこちら 車を買い替えたので、中古で買ったダイハツ「エッセ」を下取りに出した。意外と査定が高かった話

現代の中古車選びはインターネットを駆使して、欲しい車を探すべし!

今度は販売店へ行く前にネットでどこの営業所で何色が入荷しているのかを調べました。

最近のインターネットって本当に便利!
車の内装まで写真でアップされているんですよね~。

どこの営業所にミライースXの何色があって、走行距離とオプションは何かという地味な検索作業を進めて、2車に絞ってから最初に仮押さえをしている近所のディーラーに相談に行きました。

結果的に、欲しい車が決まったら、取り寄せて貰えることになった。
※メーカーによっては取り寄せ対応をしないところもあります。

そのあたりは欲しいメーカーによっても違うので、近所の中古車ショップで相談するといいと思います。

ミライースLとミライースXの違い

ずばり・・・・・・標準装備が違いすぎる!

ミライースLのほうが、中古車としてはたくさん出回っていました。

しかも、そちらのほうが安い。
色もたくさんのバリエーションで中古市場に流れています。

最初はミライースLを仮押さえして一家でウキウキ帰宅。

しかし、ネットでスペックを調べていると、我が家で欲しいと思う装備は、ミライースLにはほとんどついていなかった。

でも、ミライースXにすると標準装備で叶えられてしまうんです!

ミライースLメモリアルエディション 標準装備

画像は、仮押させしたときに撮影したミライースLメモリアルエディションのアーバンナイトブルークリスタルメタリックという、限定カラーです。

走行距離は5km、未使用車なので、中古車というよりも新古車でした。

一周年記念特別仕様車 ダイハツ ミライースL メモリアルエディション アーバンナイトブルークリスタルメタリック

  • 14インチフルホイールキャップ
  • ウレタンステアリングホール(メッキオーナメント付)
  • キーレスエントリー
  • 自発発光式デジタルメーターエコドライブアシスト照明
  • インテグレートCD・AM/FM付ステレオ
  • 鏡面可動式ドアミラー

ミライースXメモリアルエディション 標準装備

こちらは、最寄りの営業所になかったので、ネットで調べてから実物を見に行ったミライースXメモリアルエディションのパールホワイト
取り扱い店舗に見に行くために、仮で押させてもらったもの。

これは、このあと購入して、我が家にやってきました。

ダイハツ ミライースXメモリアルエディション

  • リヤヘッドレスト
  • 14インチアルミホール
  • スモークドガラス(リアドア/リヤクォーター/バックドアウインドウ)
  • ウレタンステアリングホール(メッキオーナメント付)
  • キーレスエントリー
  • 自発発光式デジタルメーターエコドライブアシスト照明
  • インテグレートCD・AM/FM付ステレオ
  • 電動格納式カラードドアミラー

ミライースLでは後部座席のリヤヘッドレストはありませんでしたが、ミライースXだと標準装備になります。

一番重要だったのは、ミラーが電動で格納するのか、人力で格納するのかというところ。

鏡面可動式ドアミラー、前のエッセLがまさにこれだったんですが、ボタン一つで動きません。
人力で格納するんですね。

ミライースLを買ってオプションをいろいろつけるより安上がり・・・ということで、このミライースXを購入することに決めました!!

我が家のミライースXメモリアルエディション紹介

ダイハツ・ミライースの発売一周年記念モデル・特別仕様車「ミライースXメモリアルエディション」。

その特徴は、フロントのエンブレムが『D』マークではなくて葉っぱみたいな形になっている。

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」パールホワイト フロント

標準装備:ウレタンステアリングホール(メッキオーナメント付)

これはミライースLメモリアルエディションと同じです。

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」パールホワイト運転席

標準装備:自発発光式デジタルメーターエコドライブアシスト照明

ちょっとわかりにくいですが、助手席から運転席のデジタルメータを撮ってみました。

画像の数字は現在の速度。
これがまたデカいので、速度がかなり気になると運転する母が言っていました。

その上下のブルーのラインがエコドライブアシスト照明です。
ここがグリーンになっているときがあるんですが、そうなるとエコドライブが出来ているという意味のようです。

ミライース一周年記念特別仕様車 自発光式デジタルメーターエコドライブアシスト照明

オプション:ミライース シートアンダートレイ

エッセに自分たちで取り付けたことを話したら、ディーラーでサービスしてくれました。
これがあると収納が格段にアップします。

履きかえ用の靴などを入れています。

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」オプション ミライース シートアンダートレイ

母のこだわりのサイドブレーキ。
運転席の座席横にないと落ち着かないんだそうです(^^;)

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」サイドブレーキ

標準装備:インテグレートCD・AM/FM付ステレオ

ミライースLメモリアルエディションと同じ。
音楽がちょっと聞けて、ラジオが聞けるのでこれで十分です♪

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」標準装備 ドライブレバーなど

地元FMを聞いています。

ミライース一周年記念特別仕様車 インテグレートCD・AM/FM付ステレオ

標準装備:リヤヘッドレスト

なくてもいいですが、あれば後部座席に乗っているときに頭が楽です!

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」特別仕様リアヘッドレスト

実際に乗ると、意外と広くかんじます。
設計で頑張ったんでしょうか。

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」後部座席

トランク。
後部座席は倒せるので荷物が多いときは広くなります。

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」トランク

標準装備:14インチアルミホール

Xになると、タイヤはアルミホイールにグレードアップします。

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」メモリアルエディション特別装備14インチアルミホイール

標準装備:電動格納式カラードドアミラー

今回、ものすごいこだわった『電動式』ドアミラー

カラードとなっているのは、黒い縁取りがあるのでミラーが2色になっているんです。

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」 標準装備 電動可動式カラードドアミラー

オプション:プラズマクラスター搭載ルームランプ(LED)

本体価格84万円-エッセの下取り13万+税金関係=約80万円ほどになった。

なぜか1万円サービスされて約79万円になった。

「この1万円はなかったことに!」という考えで、オプションのシャープのプラズマクラスターのルームランプをつけてもらいました。

ダイハツ「ミライースXメモリアルエディション」 オプション プラズマクラスター搭載ルームランプ(LED)

今までは、エッセに電気屋さんで買ったプラズマクラスターがシガーソケットを占領していたのですが、ルームランプのものを取り付けてもらったため、そのスペースが空きました。

今まで入れる隙間がなかった携帯の充電関係を充実させることができそうです。

エコドライブ機能

車を運転していると、現在エコドライブが出来ているかいないかがすぐにわかるように、モニタの色が変わります。

また、信号で停車中など、ブレーキを踏み続けているとエンジンがストップし、アクセルを押すと解除される。
こうやってリッター30kmになったんだなと思います。

とはいえ、リッター30kmはかなり運転を上手にした場合なので、通常はリッター25kmほどかも。

総合的にみて、よい買い物でした

父の車も中古で買ったばかりですが、そちらはわたしが選ぶのをサポートしたわけじゃないので、よい買い物かどうか実感がなかった。

このミライースは、かなり調べましたが、新品同様と言っていいようなグレードのものが、下取り金額を入れて79万円というのはお得な買い物だった気がします。

もうさすがにすぐに車の買い替えはありませんので、大事に乗ってもらおうと思います!

中古車関連の記事まとめ

ヒュンダイ→トヨタ・ラクティスGへ、ダイハツ・エッセ→ダイハツ・ミライースXメモリるエディションへ車を買い替えた話

中古車を検索する ミライース(ダイハツ)

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

[PR]

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

ブログランキングに参加しています。応援クリックが更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ファッションブログへ