Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

【ハンドメイド】100均材料で お正月飾りの手作りリースを作ってみた!

はじめて手作りでお正月飾りのリースを作ってみました。

材料はすべて100均、とても安上がりで何よりハンドメイドというのが愛着もわくし、作る過程も楽しいです!

 

初心者でもリースは結構簡単に作れた

100均 ナチュラルキッチンで手作りリース お正月飾りリースを作ってみた

人生はじめてのハンドメイドでリースを作ってみました。
意外と簡単にできるものだったんですね・・・!

お正月飾り用のリースを手作りしてみました。
しかも材料は100円ショップ。

リースの土台が100円で売っているのをみて、「これ、自分で作れそうだな」と思って見よう見まねでやってみました。

100均材料はナチュラルキッチンがかわいい!土台リースはロハコで通販可能

100均 ナチュラルキッチンで買った手作りリースの材料全部

はじめての手作りリースは、ナチュラルキッチンという100円ショップですべて購入しました。
材料費はトータルで1,000円(税抜)でした。

アイテムによっては300円、500円というものもあります。

あまり店舗数がありませんが、ナチュラルな雑貨が揃っていてかわいくて、外出先に店舗があるときは必ず寄っています。

ショップリストは公式サイトを参照してみてくださいね。

公式サイト ナチュラルキッチン

近場で店舗がないと通販できるといいですよね。

ミネラルウォーターやティッシュペーパー、トイレットペーパーなどの日用品を1,900円から送料無料で届けてくれる ロハコ という通販サイトでも取り扱いがあります。

テレビCMも放送していたので、聞いたことがある人もいるかも。

LOHACO ロハコは、無印良品や成城石井、カルディーコーヒーファームなどの商品も取り扱いがあるので、まとめて購入する際にすごく便利なんです。

今回わたしが買ったリースの土台はXLサイズと表記がありましたが、ロハコの取り扱いサイズはLサイズとMサイズのリース土台の取り扱いがあります。

日用品と一緒に購入すれば、送料もお得になりますよね。

Lサイズは外寸約φ250mm。

【ナチュラルキッチン アンド】 リース Lサイズ 外径25cm(約) 柳 輪のみ ブラウン

Mサイズは、約φ180mmです。

【ナチュラルキッチン アンド】 リース Mサイズ 外径18cm(約) 柳 輪のみ ブラウン

土台さえ手に入れば、リースに飾りたいお花や小物は他の100均で自分で直接見ながら選んでも楽しいですね。

リースに接着するのにグル―ガンを使用します。

画像はAmazonで販売されている SK11 ボンドガン ピタガン 木材 紙 皮革 プラスチック用 GM-100 です。

セリアなどの100均でも取り扱いがあるので、本格的な使用でなければ100均でも十分かと思います。

接着するにはスティックが必要で、専用のものは SK11 ボンドガン ピタガン用スティック GM-120 GM-100用 50本入 クリア GMS-50 を使用します。

今回は調べもせずに見よう見まねでリースを手作りしたので、グル―ガンで接着するのは作ったあとに知りました(^^;)
ツイッターでお友達に「グル―ガンを使うんだよ」と教えてもらってびっくり!

今は特に型崩れもないのでこのまま飾っていますが、機会をみてグル―ガンを購入して固定しようと思います。

さくら流グル―ガンも使ってない超簡単手作りリースの作り方

ナチュラルキッチン 土台の柳リース XLサイズ

ナチュラルキッチンで購入した100円で柳素材のリース土台です。

ナチュラルキッチン 手作りリース用の材料

今回はお正月飾り用のリースを作ろうと思ったので、和っぽいアイテムを選んでいます。

赤い梅のフェルトはコースターです。

左右対称に飾ろうと思ったので、お花や松飾りは2本ずつ購入しています。

100均 ナチュラルキッチンで手作りリース 土台に飾りをつける

まずイメージ的に松飾りをベースにお花を飾ろうと思ってますので、一番下にくる松飾りをリース土台に差し込みながら巻きつけてみました。

100均 ナチュラルキッチンで手作りリース 上もリース土台に挟み込む

松飾りには、ねこやなぎみたいな飾りも上に伸びていて安定感が欲しかったので、上部も土台リースに絡めました。

100均 ナチュラルキッチンで手作りリース 土台に造花を配置していく

花飾りは好みの配置になるように、ああでない、こうでないとバランスを見ながらリースに差し込んで巻きつけています。

100均 ナチュラルキッチンで手作りリース 花の配置を考える

赤いお花の配置で大分悩んだので、仮置きしてみたりながら好みを探っていきます。

リース中央に、コースターを飾って完成。

家にあったリボンでコースターをつけようと思っていたのですが、見つからないので黒い結束バンドでつけるという色気のないことになっていますが、はじめて作ったにしてはとても満足しています。

また、材料はすべて針金があるタイプだったので、リース土台に巻きつけたり挿しこんでいるだけです。
現在のところ、飾りが落ちてくることもありませんが、崩れるようならグル―ガンで固定したほうがよさそうです。

はじめてリース飾りを作ってみた感想

思いつきの見よう見まねで作ってみましたが、簡単で楽しく作れました。

グル―ガンを使って固定するというのは、作り終わったあとに知りましたが、使いたいお花飾りが針金の茎のタイプであれば、巻きつけたり挿したりして固定できています。

こちらはお正月期間飾って、季節が終わったら松とコースターを外してバレンタインのイメージや桜の季節にあわせたリースも作ってみたい。

グル―ガンで固定したほうが素敵でしっかりしたものが作れるかもしれませんが、わたしのように飾りを定期的に変えたい人はあえて固定しないという手もあるかなと思いました。

しかし、100円ショップってすごいですね!
最近、色々な可能性を感じて楽しくて100均巡りをしています♪

リース土台の取り扱いのあるロハコはこちら LOHACO
ナチュラルキッチンアイテムの通販取り扱いはこちら ナチュラルキッチンアンド

[PR]

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

ブログランキングに参加しています。応援クリックが更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ファッションブログへ