はじめてのヨガマット6mmは持ち運び可能なキャリーストラップ付[Active Winner]

シェアする

Active Winner アクティブウィナー ヨガマット (ストラップ付) 6mm ブラック 男性でも使えるスタイリッシュな黒

Active Winner アクティブウィナー厚さ6mmのヨガマットをご縁があってモニターさせていただきました。

ヨガマットというと、ヨガをやる人だけが使うものかと思っていました。
ストレッチや腹筋などのエクササイズで使うと腰の負担が軽減されて、毎日の運動がより楽しく感じられるようになりました。

もっと早く出会いたかった!

Active Winner ヨガマット (ストラップ付) 6mm ブラック 軽量 グリップ性 耐久性


 

スポンサーリンク



Active Winner (アクティブウィナー)って?

Active Winner (アクティブウィナー)は、効果性を追求し、革新的で高品質なエクササイズ商品を提供するブランド。

設立が2014年と若いブランドで、まだ品揃えが少ないですが、ヨガマットの他にはバランスボールを扱っています。

興味があるけれど、実はヨガをやったことがないわたし。
ヨガはやらないから、自分にはヨガマットは必要ないって思いました(直球ですいません・・・!)。

ヨガピラティスやホットヨガをやっていないと使わないものじゃないかと思ってたんですが、柔軟などのストレッチや腹筋などのエクササイズでも使えると知り、お試しさせていただいたら・・・あら不思議、腰が楽なんです・・・!

マットって大事なんだな・・・と思いました。

長さ183cm×横61cm×厚さ6mm、身長の高い人&男性でも使える

ヨガマット (ストラップ付) 6mm ブラック 長さは183cm

ヨガマットのサイズは、特に統一されていないようで、長さはメーカーによって色々のようです。

小柄な人や女性なら気にしないところかもしれませんが、身長が高い女性や大柄な男性がストレッチなどで使用する場合、長さが足りないということもあるかもしれません。

こちらのヨガマットは、長さ183cm×横61cm×厚さ6mm、色も黒なので性別も問わずに幅広い世代の層の人が使えると思います。

また、色は黒なのでカラフルなヨガのウェアとの相性も良さそうですね。

Active Winner ヨガマット (ストラップ付) 6mm ブラック 軽量 厚みは6mmは最初の一枚にベスト

ヨガマットには1mm~12mmと厚さがあって、最初の一枚は厚さ6mmが無難だと言われています。

やりたい動きによって、オススメの厚みが違うんですって。
実際にヨガをやっている人が言っていました。

6mmを最初に使ってみれば、ヨガマットのグリップ性やクッション性がわかってくるそうですよ。

持ち歩けるキャリーストラップが最初からついてるよ

ヨガマット (ストラップ付) 6mm ブラック キャリーストラップで持ち運び楽ちん

ヨガっていうと、ヨガ教室やジムに通ったりするのにマットを持ち運ぶことになりますよね。

Active Winner (アクティブウィナー)のヨガマットは、最初から持ち運びに便利なキャリーストラップがついてきます。

Active Winner ヨガマット (ストラップ付) 6mm ブラック 軽量 持ち運び用のヨガベルトは着脱簡単

着脱はマジックテープで簡単なので、マットをさっと丸めて止めてしまえば、すぐにでもしまえました。

気になる重さですが、計ってみたら約1.3kgほど。
わたしは家で使うのであまり気になりませんでしたが、ストラップがあるので大丈夫かなと思っています。

実際にヨガマット6mmを使ってみた

ヨガはやったことがないのでわかりませんから、毎日やっている柔軟体操、ストレッチや腹筋に使ってみました。

Active Winner ヨガマット (ストラップ付) 6mm ブラック 軽量 ヨガだけじゃなくストレッチにも!

家の中だし、毎日普段着でやっているので、面白みのない写真ですが、ストレッチを一通りやってみました。

いつもは、畳の上に絨毯をひいただけのところでやっていたんだけど、結構腰に負担がかかっていたことがわかりました。

マットの上でやってみたら、腰への負担が軽減されていると感じました・・・!

Active Winner ヨガマット (ストラップ付) 6mm ブラック 軽量 滑りにくい 素材アップ

このヨガマットは、クッション性とグリップ性のある厚さ6mmのPVC (塩化ビニール)。
抗菌仕様になっていて、環境を害する恐れのある重金属、フタル酸は使用していないとのこと。

滑りにくいのでフローリングの上でも大丈夫だと思います。

もともと腰痛持ちですが、腰がかなり楽なので、もっと早くヨガマットを導入すればよかった~と思いました。

マットが形状記憶仕様だから、身体への負担が少ないのかもしれません。

こういうPVC系の素材だと、気になるのは匂いですが、わたしはあまり気になりませんでした。
(年末に布団の買い替えでゲットしたマットレスのほうがよほど臭いました・・・)

この程度なら、放置しておけば匂いもしなくなるのでは・・・と思います。

お手入れ方法

こういうマットってお手入れはどうするんだろうと思ったら、パッケージの包装紙のほうに書かれていました。
思ったよりお手入れは簡単でした。

ヨガマットのお手入れ方法

  1. 水やぬるま湯でマットを濡らし、柔らかい布でマット表面を優しくこすり洗いをする
    (何回か使用後は、洗剤をつけた布の使用も可能)
  2. 乾いたバスタオルなどの大きな布で、マットを挟み込むように水分を拭き取る
    (そのまま丸めずに日陰干しも可能)
  3. 風通しのいい日陰で乾燥させる

今回紹介したアイテムはこちら

Amazonでのみ取り扱いがあるようです。

Amazonの商品ページはこちら Active Winner ヨガマット (ストラップ付) 6mm ブラック 軽量 グリップ性 耐久性
メーカーサイト Active Winne rアクティブウィナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でskrfjmrをフォローしよう!

応援クリック、とても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ファッションブログへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする