Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

香りを自分の好みに作ることができる調香。

以前からやってみたかったのですが、RoFiC Beans(ロフィック・ビーンズ)を使ったバラの香りのワークショップを第16回国際バラとガーデニングショウで体験してきました。

『チャーム』というサシェのようなものと香水を作る体験コースがあり、特にバラの花の香りが好きな人はぜひ試してみて欲しい!

『蓬田バラの香り研究所』バラの香りのワークショップ

バラの香りは、濃厚なものからふんわりしたものとそれぞれ大分違うので、このワークショップならきっと自分の好きなタイプの香りが見つかるはず!

このワークショップは、『蓬田バラの香り研究所』さんがイベントに出展したときのみ体験できるものです。

わたしはチャームというサシェを作りましたよ♪
すっごい楽しかったし、癒された!

蓬田バラの香り研究所


 

好みのバラの香りは簡単に作れる!

『バラの香り』と一口に言っても、何千種と品種のある中で好みの香りを見つけるのは難しい。

安いオイルを買っても高いオイルを買っても「なんかちょっと違う・・・」という思いをしたりしますね。

まあ、品種が何千とあるバラですから、多少はしょうがないけれど、できればお気に入りの香りには出会いたいもの!

調香といっても難しくなく、素焼きしたみたいな香りをしみこませた8種類のビーンズを使って好みの香りになるように組み合わせ、それをサシェにしたりするというものを体験してきました。

バラの香り調香体験 料金

体験料金は1,000円。
(※第16回国際バラとガーデニングショウでの価格です)

ちなみに、1,800円ほどで香水も作ることができるそうですが、今のわたしの生活スタイルでは残念なことに香水を使う機会がないので、今回はチャームというサシェみたいなものを作ってきました!

これなら寝るときだけ嗅いだり、車の中に入れたり、タンスに入れて使ったりできます。

どの系統の香りが好きかわかると、他でオイルや香水を通販で買うときにある程度好みかどうかわかるようになりますよ。

例えば「ダマスクローズの香り」と書いてあってもどんな香りかわからないけど、この体験でどんな香り知ることができました。

バラの香りは鎮静作用・スキンケア効果もあるらしい?

バラの香りワークショップを体験させてもらった『蓬田バラの香り研究所』さんによると、大きくわけて甘いゴージャスな香りのダマスク系(ヨーロッパのバラ系統)と、紅茶に似た上品で優雅な香りのティー系(中国のバラ系統)の2系統からなるそうです。

フラワーアーティスト ローラン・ボーニッシュ 『Provance~プロヴァンスな幸せな一日~』バラアップ

バラの香りの研究といっても、正直何をしているのかな?と思っていました。
(大変失礼ですが・・・)

中国のバラ系統から『ジメトキシメチルベンゼン』という物質を資生堂のチームが発見して、それをティーローズエレメントと名付けたそうですが、その成分には人間の生理・心理作用によいことがわかったんだそうです。

確かに個人的にバラの香りはとっても癒されると思っていました!

ラベンダーよりも高い鎮静作用があることもわかり、さらに香りをかぐだけで皮膚のバリア機能も回復するとかいう研究もされているそう。

そういえば肌荒れが比較的落ち着いていたとき、バラのアロマオイルを焚いていたな~と思い出しました。

アトピー肌でいつも肌荒れに困っていたわたしは、それを知って「毎日嗅ぐぞ!」と思ってくるほど期待しちゃいます(笑)。

そのティーローズエレメントを配合したROSEST ROSE(ローゼスト・ローズ) というハンドクリームも販売したばかりだとおっしゃっていました。
(このハンドクリーム、派手すぎないちょうどいいバラの香りがしました!)

RoFiC Beans(ロフィック・ビーンズ)でオリジナルの香りの作り方

調香といっても難しいものではなく、8種類の香りのRofic Beans(ロフィック・ビーンズ)  をくんくん匂いを嗅ぎながら、好みのものを選んでいくだけという簡単なものでした♪

香りごとにビーンズの色が違うので、選び間違えても簡単に戻せるので大丈夫ですね!

RoFiC Beansロフィック・ビーンズ 香りのタワー

Rofic Beans(ロフィック・ビーンズ)  は、『蓬田バラの香り研究所』さんの商品です。

8種類のビーンズから好みの香りを全部で80粒選びます。

 ダマスク・クラシック  ダマスク・モダン  ティー  フルーティ
 ブルー スパイシー  ミルラ  ブルガリアン・ローズ

とはいえ、どんな風に選ぶのかちょっとピンとこないですよね。

まずは気に入った3種類の香りを20粒ずつくらいを目安に選び、あとは好みの香りになるように調整していくんだそう。

ものすごい迷いましたが、ダマスク・モダンとフルーティ、ブルガリアン・ローズが気に入ったのでそれを多めにして、あとは少しずつ入れて完成!

わたしが選んだのは、こんなかんじになりました!

RoFiC Beansロフィック・ビーンズ 調香体験

最後にこのビーンズは、オーガンジー素材の小さい袋に入れてもらいました。
今はこれを枕元に置いて、香りに包まれながら寝ています。

寝つきが非常に悪かったのですが、なんかちょっといいような気がする(と思いたい)。

RoFiC Beansロフィック・ビーンズで作ったオリジナルの香り

どれくらい香りが持つのか聞いてみたところ、トイレに置いた女性は1ヶ月持たなかったといい、タンスの引き出しの中に入れっぱなしだった男性は数年持ったという(笑)。

使い方(チャームを置く場所)で違ってくるようです。

どこで体験できるの?

普段はバラの香りを研究している会社なので、独自の店舗等はないそうです。
バラ関連のイベントに出展するそうなので、そこで体験することができます。

わたしは今回はチャームだけにしましたが、あとからやはり香水もやっておけばよかった~と思いました。

出展情報は、蓬田バラの香り研究所のホームページで知ることができますので、興味のある人はぜひチェックしてみてくださいね!

近々だと、京成バラ園にて、6月2週までの各週末(土曜、日曜日)に出展されているようで、そこで調香体験ができますよ。

「そんな遠くまで行けないわ~」って人は、お試し用のRofic Beans(ロフィック・ビーンズ)の8種類の香りのセットは、直接『蓬田バラの香り研究所』にお問い合わせをすれば購入できるそうです。
(追加で欲しい場合、どこで買えばいいのか聞いてみたら素敵な社長さんがそうおっしゃってました♪)

残念ですが、アマゾンやYahoo!ショッピング、楽天市場では8種類のRofic Beans(ロフィック・ビーンズ)お試しセットの取り扱いがありませんでした。

1店舗だけサシェの状態で販売している店舗を発見!

ランプショップNoel というショップです。

「直接のお問い合わせは抵抗があるわ~」という方はこちらから適当に選んで買ってもいいかもしれません。

サシェなので複数買わないと調香はできませんが、香りにこだわっているからか、混じり気のない純粋なブレンドされたバラの香りが楽しめますよ。
(安いアロマとかちょっと何か不純なものが入っちゃった的な香りがしますよね・・・)

追加で欲しかったのですが、送料が気になって悩みながらラ・ベルジェさんのサイトを見ていたら・・・あまりに素敵で・・・うっかりアロマランプを衝動買いしてしまいました(笑)。

もちろんサシェも買っちゃいました♪
(左側が期間限定価格、右側が通常価格での販売です)

本当に気に入ったので、今回作ったチャームの香りがなくなったらRofic Beans(ロフィック・ビーンズ)を注文したいと思います♪

蓬田バラの香り研究所

[PR]

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

ブログランキングに参加しています。応援クリックが更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ファッションブログへ