Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

お財布風水が大好きすぎる人・さくらです。こんにちは!

自分が使っているお財布の買い替えるタイミングってご存知ですか?

2012年・李家幽竹先生オリジナル風水財布

「春財布」ってよく言われますよね。
「張る財布」というごろ合わせでよく使われていますが、春は3~5月というよりも、どちらかといえば新春のことだって知ってます?

季節は「春」にこだわることはありません。
お財布の買い替え期間は、「実りの秋」から始まります。

「ついついうっかり買っちゃう」
「わかっているけど浪費癖がなおらない」

などあると思います。

例えば、買った財布が浪費しやすい色やモチーフだった!ということもあるけれど、知らないで使っている人がたくさんいます。
実は仲のいいお友達のお財布で「これはまずいよ!」っていう場合だけ、こっそり注意させてもらいます(^^;;)

お金とは関係ないと思われる健康運にもお財布は強く結びついています。

病気しがち、怪我が多くなったとき、一度お財布の状態を見直してみましょう。

傷んでいる糸がほずれているお財布に穴があいている擦り傷がたくさん・・・
「ちょっと古いな」と思ったら、それはお財布の買い替えの合図です!

どうせなら、お金が貯まるお財布がほしくありませんか?

ラッキーなお財布を買うのに何を注意をしてお財布を選んでいるのか、風水歴7年のさくらがこの記事を読んでいるあなたに向けて、こっそり(?)教えます!


 

※最初に言っておきますが、ゲン担ぎとして記述していますので、「絶対にお金が貯まるわけではありません」
李家幽竹先生、直居由美里先生の風水を学び、あとは独学で理解したものを記載しています。
わたしは風水師ではないので、アドバイス程度に読んでくださいね。
※実践してお金が貯まらない場合も責任はとれません。自分で判断して、目安としてくださいね!

わたしは、埼玉県在住ですが、久々の大雪だった成人式の1月14日の月曜日に気合を入れてお財布をjavari(ジャバリ)というAmazon姉妹サイトで注文しました。
javariは返品も無料なので、お財布だけはとことん気に入ったものがほしいわたしには良さそうだと思ったので、今回初めて使ってみました。

「大雪」と記載していますが、水の気が潤沢なこの季節、お金がたまる財布に育てやすいんですね。
雨の日などもとてもいいです!

気をつける点といっても、それほど難しいことはありません。
どうしてもダメだと思うことだけあげておきますね。

お財布を買い替えるタイミングはどれくらい?

「財布ってどれくらいで買い替えるの?」とよく聞かれます。

「穴が開いていないからまだ使える!」
「高いお財布買ったから、まだまだいける!!」

とか、色々あるかと思います。

古くなった汚れた部品が取れたファスナーが壊れたなどがあったら、買い替えだと思うけど、どんなに大事に使っても擦り切れていきます。

新しく作られた物には「気」が入っていますけど、長年使われればそれもなくなります。
壊れていなくても3年経過したら買い替える。これが目安だと思います。

古い財布を捨てて、新しいお財布に買える。
たったこれだけでも開運行動につながると思います。

お財布を買うときに気をつけるべき4つの点

お金を貯めるには、お金を稼ぐことも大事だけど、「お金が貯まる財布」「お金に好かれる財布」を選ぶことが重要です。

  • 長財布を使う
  • 天然素材(皮製品)を選ぶ
  • 赤と青の色を避ける
  • 付録の財布は使わない

長財布を使う

風水的というだけでなく、お金持ちの人も言ってるし、実際に使っています。
お金持ちの人の使っている人のお財布は、かなりの確率で長財布です。

「お札を折り曲げていれない」のが大事です。

男性で「財布は面倒で持たない」という人がいます。
お金を直接ポケットに入れていたりというのは・・・お金が貯まらなくてもしょうがないかも・・・と思います(^^;)

しまわれないお金は「動いて」いるし、貯まる場所もないので、どんどん浪費されていくかと思う。

最低限、お金はお財布にしまう!

風水的には長財布を推奨しますが、家計の事情や持ち運びから折財布を使う人もいると思う。

折財布なら、できれば三つ折りよりは二つ折り財布にしましょう。
個人的には、折る回数を減らしてほしいなと思います。

(本当は長財布を使って欲しいですけど・・・)

天然素材(皮製品)を選ぶ

素材は風水的には結構重要です。
気に入らない財布を買うことはないけど、「本革の天然素材」であることは、選ぶ段階で気にします。

天然素材であれば、素材の持つ良い気を得ることができるけど、ビニールのお財布だとお金は貯まりません。
『本革の財布』を選ぶことをおすすめします。

布製品のお財布も悪くはありませんが、『金運パワーを得る』ことを考えるなら、革製品のほうがいいです。

・エナメルレザーが吉!

本革であることも大事だけど、光っているものがお金は好きだったりします。
本革に光るエナメル加工がされているお財布をわたしは探しました!!

dakota(ダコタ)の「フレスコ」シリーズがそれに当てはまりました!

この財布は母にプレゼントをしました。
お母さんのお財布って、一家の家計を預かる大事なお財布なので、古くなった財布を使っていると・・・なんか・・・家計的に浪費が止まらない、お金が出やすい家になる気がしてしまってね(^^;) 

長財布 全体

このお財布は長財布だし、光ってるし、ビスも打ってある。
しっかりと縁取りがあるし、何より「職人さんの手作り」!

感想も書いていますので、お財布選びの参考になれば幸いです(#^.^#)

お財布レビュー 光沢のあるエナメルレザーが可愛いdakota(ダコタ)「フレスコ」L字ファスナー式小銭入れ付長財布の感想

・ヘビ(蛇)革の財布は運気を上げるのか?

「夢に白い蛇が出てきたら、宝くじにあたった」

など、聞いたことがあるかもしれません。
ヘビ革の財布は、風水的にとても金運にいいといわれています。

ただ、ヘビ革財布で気をつけてほしいところは『1年で買い替える』ということ。
パワーが強い財布ですが、そのパワーは3年は持ちません。
ヘビ革に関しては、特に買った時期を覚えて、次の年に必ず新調しましょう。

赤と青の色を避ける

長財布かどうかよりも気をつけてほしいのは、NGな色の財布を選ばないことだと思います。
長財布を買っても、色がダメならたまりにくいんです(^^;) 

特に避けて欲しいのは赤と青です。

  • 赤い色の財布
    「貧乏財布」と言われます。
    赤は火の属性の色ですので、節約して貯めたお金を「燃やして」しまいます。
  • 青い色の財布
    青は水の属性の色ですので、お金を「流して」しまします。

この色に気をつけて、気に入ったお財布を探しましょう。

本革のエナメルレザーの素材がいいと書きましたけど、色は茶色を選んでいますが、実はそれにも意味があります。
茶色はお金を貯め込んでくれる色なんですね!

ちなみに、わたしが注文したお財布の色は「ラベンダー」です。
2013年のラッキーカラーで、浄化・再生の色です。

2013年は、9年間の土台の運を作る大事な年です。
古い財布を使っている人は、ぜひ見なおしてみてくださいね。

付録の財布は使わない

最近、付録つきの雑誌が流行っていて、お財布も付録になって登場してきました。
しかも、付録は長財布で、ブランドのお財布がとてもリーズナブルに買うことができます。

飛びつきたい・・・!

しかし、付録の財布はちょっと注意。
付録って、要するに「おまけ」なんです。

おまけの女(男)にはなりたくないですよね!!(笑)

付録つきのお財布は、レシートを整理したりするのに使い、お金はしまうのは止めておいたほうがいいと思います。
ムック本は付録の定義に当てはまるのかどうかがわからなくて、現在、どうしたらいいか悩んでいます。

わたしの大好きなブランドから「CLATHAS 財布BOOK<オリジナル長財布付き>」や「PINK HOUSE 財布BOOK」が出ていて、かなり心が動きました(笑)。

最後に

色々書きましたが、金運にいいお財布に出会って欲しいです。
わたしは、お財布をきちんと選んでから、困ったときに誰かに助けてもらえる人になった気がします。

以前よりも体調不良もなくなりました。
あとはもっとお金が貯まるように、金運財布に育てていきたいと思います♪

個人的には、お財布の買い替え時期だけでなく、お財布の使い方、保存方法も気を配って欲しいです♪

プレゼントした財布 [ダコタ]Dakota「フレスコ」L字ファスナー式小銭入れ付長財布
自分用に買った財布  [クレイサス] CLATHAS アルゴ ランダムカメリア長財布

【参考書籍】

お財布風水について、以下の記事も追加しました。
よろしければ、合わせてどうぞ♪

【春財布(張る財布)】新・金運に恵まれるお財布風水の買い替えのコツ、教えます
【お財布風水】お財布の使い始めって?買い替えのときに絶対にやるべき金運財布のための3つ

ベルメゾンネット

[PR]

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
Share on Facebook
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

ブログランキングに参加しています。応援クリックが更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ファッションブログへ