電子ブック楽天「kobo touch(コボタッチ)」を予約した理由

シェアする

3連休に入る直前、怒涛の納品ラッシュに追われていましたよ、こんにちは。

そういえば、コボタッチ、買っちゃったんです♪
わたしは、根がオタクなので、読書(特に小説と漫画)をすることに対して貪欲的です(笑)。

実は部屋の本棚は4.5個あり、入りきらない本は押入れに、さらに入りきらない本は、なんと床に積みあがっています(^^;)

7月に入ってから、ずっと楽天で「kobo touch」のバナーが出てましたよね。

・・・あれに実は誘惑されまして(笑)。
とうとう予約しちゃいました!

悩んだ末の kobo Touch (ライラック) です!

→ 「kobo touch」予約販売期間中のみ、特別キャンペーン実施中

スポンサーリンク



電子書籍端末が欲しい理由

本の置き場がなくてめちゃくちゃ困ったわたしは、徐々に読んでいない本を買い取って貰うことにしました。
大量だったので、自分で古本屋には持ち込むのはキツイ・・・

ということで、ネットの買い取りサービスを利用しました。

何度か買い取ってもらい、部屋はすっきりしてきた!
でも、買い取りだと、また読みたくなったときに困るんですよね・・・。
売ったはずの本をまた買い直しちゃうんですよ(^^;)

そこで、わたしの中の珠玉の超名作漫画・小説は電子書籍として残すことにしました!

■ 本の買い取りレビューはこちら→
わたしの試した本・CD・DVDの買い取りレビュー一覧

電子書籍端末としてkobo touchを選んだ理由


電子書籍端末が脚光を浴びたのは、AppleからiPadが発売したときだと思います。

iPadもめちゃめちゃ欲しかった。
でも、ぐっと踏みとどまったんだ。

その理由はこんなかんじ。

  1. 本を読むにはサイズが大きい
  2. 本を読むだけにしては機能がいっぱいある
  3. 本を読むだけにしては、本体代(3Gモデルなら通信費も)がかかる

すでに似たような機能を持つiPhoneを持ってたしね~。

次に目をつけたのはkindle (キンドル)というアマゾンで売られている電子書籍端末
iPadの次に存在を知ったので、画面がモノクロ表示だと知ったときはがっかりした。

でも、こちらのほうが目に優しいE-inkというものを使っていて、読書をするにはうってつけの端末だった。
そして、kindle touchという名前の端末の発売が予定されていて、発表もしてたから、買ってみようかと待ってた。

kindleのいいところは、3G回線を使用しても料金がかからないところ。
通信費はアマゾン負担になるので、3G回線が使えるモデルでもいいなーと思った。

かなり心配なことが一つあった・・・。

  1. 英語ばっかりの本だったらどうしよう(英語が読めない

一番のネックはここだった!

端末も1万円くらいだろうという噂だった。
でも、売ってる本が英語ばっかりだったら、洋書に興味のないわたしだと、今後電子書籍端末をもてあますんじゃないかと思ってきていた。

ソニーのリーダーも気にはなった。
機能もよさそうだった。

でも、1万円越えか・・・。
日々、買い物ばかりして出費が激しいので、ちょっと足が遠のいてしまった(^^;)

そんなときに、先にkindleより先に kobo touchの予約が始まってしまったのだった!!!!(笑)

こんなところが購入の決め手だった

サイズがほどよいなと思った!

このサイズ、理想的~♪

  1. 本体サイズがちょうどいい
  2. wi-fi(無線LAN)なので、kobo touchを買ったことでの通信費が月額かからない
    (無線LAN環境がなければ、別途用意が必要かも)
  3. 対応フォーマット(ファイルの種類)が思ったより多い(海外版の場合)
    EPUB、PDF、MOBI、JPEG、GIF、PNG、BMP、TIFF、TXT、HTML、RTF、CBZ、CBR
  4. 本体代金が1万円を切っているから、購入する勇気が出た
  5. microSDカードに対応している(本データをそこにいれられる)
  6. 本体の色(カラーバリエーション)が4色から選べる

現在、iPhoneで小説を読んでます。

慣れれば大丈夫だけど、やはり文字が小さい。
確かに、文字の文章だけ売っている電子書籍を買えば、文字サイズは調整できる。
このkobo touchもそういうところを宣伝しているけど。

でも、わたしはオタク!
オタクだと、小説に挿絵は必要なんです!!!!(笑)

電子書籍として売っている小説に、挿絵はあまり入りません。
入っているものもあるけど、紙の本を見るようなサイズでは掲載されてなかったし、 やはりオタク向け小説に挿絵は必要すぎる。

文章と挿絵が一緒になって、素晴らしい作品なんです!

ってことで、文庫本などを買って、それを直接読んで紙の読書を楽しんだあと、わたしは『自炊』という手段にでる。
買った本をそのまま電子書籍にするんです(笑)。

そうすると、挿絵も入るのでわたしは楽しい!

iPhoneで読む場合、アプリで小説のまわりの余白を見えないように設定します。
でも、約1.5mmくらいの文字サイズになってしまうから、長時間の読書は目が疲れるんですよ~。

画面がもうちょっと大きいといいなと思っていて、iPadだと大きすぎる。
kobo touchがちょうどいいサイズのようなので、テンションがかなり上がりました!

最初、EPUBとPDFしかファイルの対応がないのかと思ったら、海外版のものはもっと使えるファイルの種類が豊富なんですね。
そうなると、ただ単に有名なEPUBとPDFを記載しておいただけで、本当は他のJPEGとかも使えるんじゃないかという、電子書籍に詳しい人たちの間では推察されています。

わざわざ機能を落として発売することもないんじゃないかと!

そんなわけで、ライラックを予約しました。
到着を心待ちにしています!!!!

→ 「kobo touch」予約販売期間中のみ、特別キャンペーン実施中

電子書籍端末「kobo Touch(コボタッチ)」 主な仕様

カラー:ブルー、ライラック、シルバー、ブラック
ディスプレイ:6インチ タッチスクリーン電子ペーパー(16諧調グレースケール)
対応ファイルフォーマット:EPUB、PDF
内蔵メモリ容量/使用可能領域:約2GB/約1GB(約1000冊分)
ワイヤレス機能:802.11b/g/n
プロセッサ:Freescale i.MX507
接続:microUSB、Wi-Fi
サイズ:114mm×165mm
厚さ:10mm
重さ:185g
連続駆動時間:約1ヶ月
フォント:11種(日本語フォント2種含む)、サイズ17段階

PC動作環境:
※ご利用には、USBポート付きの、インターネットに接続できるパソコンが必要です。
[OS]Windows7/Windows Vista /Windows XP (SP3)/
Mac OS X10.5 (Intel)もしくはそれ以上
Intel Pentium4(Windows)、Intel Core Duo(Mac)もしくはそれ以上
[メモリ]
1GB RAM、ハードディスクに200MB以上の空き容量(書籍データの保存に必要な分を除く)
1024×768以上のディスプレイ解像度

■ kobo touch 詳細レビューはこちら→
電子ブック楽天・電子書籍端末「kobo touch(コボタッチ)」欲しいぞ!キンドル、コボ、リーダー比較してみた
電子書籍端末「kobo Touch(コボタッチ)」対応ファイルのEPUB3.0、PDFで自炊データは読めるのか?
電子ブック楽天のkobo touch、人気の色は何色?悩んでライラック買ったよ!
kobo touch(コボタッチ)の保護ケースとシートも予約したよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でskrfjmrをフォローしよう!

応援クリック、とても励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ファッションブログへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする